banner

美白の大敵「シミ」の原因はなに?

美白のためには日焼けだけ気をつけれた良いのかというと、そうでもないようなんです。そこで、美肌の大敵「シミ」の原因についてご説明しましょう。「シミ」とは肌にメラニン色素が薄黒い斑点となって染みついた状態のことで、その原因はひとつではありません。
ます、紫外線。シミの一番の原因です。紫外線を浴びると活性酸素が発生し、メラニン色素が作り出され、肌を守るために肌が黒くなりシミができるのです。
肌の炎症もシミの原因になることがあります。ニキビや吹き出物、アトピーなど肌の炎症は、メラノサイトという血液からメラニン色素を生成してしまう成分を活発化させ、シミを作ることがあるのです。
また、生理不順や更年期、妊娠などで女性ホルモンの分泌が正常でなくなると、シミができやすくなります。
その他にも、睡眠不足やストレスでホルモンバランスが崩れたり、加齢により新陳代謝が衰えたりすると、シミができやすくなるそうです。
シミを防ぐためには日焼け止めを塗ったり日傘をさすだけでは不十分だということがお分かりいただけましたか?私たちは日常生活でいろいろと気をつけなければいけないようですね。でも「加齢」となると防ぎようがありませんから、そのときは美白化粧品など化学の力を借りるのがベストでしょう。

Copyright(c) 女性の永遠のテーマ「美白」. All Rights Reserved.